ピラティスとは

 

ピラティスはただの振り付けや動作ではありません。また激しい筋トレでもありません。

自分自身を再教育するとてもユニークなメソッドです。
それはとても繊細でゆっくりとした動き(エクササイズ)です。
その動きを通して自分の身体と心を見つめる贅沢な時間です。

はじめにピラティスを行うにあたり、より効果を得るために絶対知っておいて頂きたい事を3つ、お伝えします。

 

❶意識してそれぞれを正しく動かす

❷継続して行う

❸呼吸と一緒に動く

 

 

 

❶意識してそれぞれを正しく動かす

まず1つ目
これが一番重要です。しっかりピラティスをする前に心に止めておいて下さい。

え、そんな事?簡単じゃん。
って思った方。

お試しにどうぞ下記のエクササイズをやって見て下さい。

・溝うちの奥の背骨を屈曲する(前に曲げる)
・尾骨を動かす
・頚椎(首の骨)の一番上から順番に動かす
・肩甲骨だけを背骨の方に寄せる

一見、単純でシンプルな動きですが、それがいかに難しく、そして本当にそれらが正しく行えているかどうか分かりにくい事に気づきませんか?

それは普段無意識で身体を動かしていること、正しい動きを認識してない事を意味します。

無意識に動かしてきた事で今の姿勢・動作が出来上がってます。それを表してるのが今の身体です。いわば貴方の身体は人生の履歴書のようなもの。

 

まとめると

意識して”正しく”動かすことを身体で覚え、無意識レベルで出来るまで染み込ませる。

 

 

 

 

❷継続して行う

もうそんなの耳タコですよ!!って声が聞こえてきそうです。

そんな方に朗報です。

ピラティスは非常に続けやすい運動だと世界中から好評を頂いてます。

なぜならピラティスが生まれてから生誕100年が立ちました。

沢山のメソッドが生まれては消えという中で、ピラティスメソッドは100年も続いており、今も行う方が増え続けています。

 

それは何故なのか?

 

誰でも出来るからです。
そしてしっかりと方法論が確立されているからです。
あなたがご自身の身体に少しでも興味があれば、必ず出来ます。
寝ながらどこでも出来ます。

なぜ、そう言い切れるか。

それは完璧な身体の持ち主はいないからです。
必ずどこか動きや身体に特徴があり、それに気づく事でもっとよくしていきたいと意欲がわくからです。

ピラティスメソッドは人間の身体の構造を解剖学的な見解から検証し、それに基づき動き・形を考案されたメソッドです。
そのメソッドを継続して行う事で身体は理想の状態になります。

 

 

まとめると、
自分の身体に興味を持ち、良くしていこうと意欲を持ち、継続して行う。

 

 

 

 

❸呼吸と一緒に動く

呼吸って大事

というのは、なんとなくご存知ですよね。
ピラティスの創設者で在るジョセフ・ピラティス氏が原則の中で
呼吸を効果的に行うと

・心肺機能を高める
・血液循環をはじめ体内の循環機能を高める
・筋肉の効率的な強化や弛緩
・精神的な面で集中力向上やリラクゼーションにも。

そして2つ、とても重要な事。

一つめはインナーマッスルのスイッチが入る。
インナーマッスルを使って動く事で

・しなやかな身体作り
・ぽっこりお腹の原因である内臓を持ち上げペタンコなお腹に
・綺麗な姿勢作り
・痩せやすい身体になる

いい事がたくさんなのです。

二つ目は
呼吸と一緒に動く事で、瞑想と同じ効果を得る。

瞑想と聞くと最近では当たり前のように浸透して来た言葉ですが、
まだまだ実際に行なっている方はあまりいないのではないでしょうか?

ピラティスは呼吸とともに、細部へ意識をしながら動くので
思考がとまり、脳内を瞑想状態と同じ状況にしてくれます。

 

 

まとめると

呼吸をしながら動いてインナーマッスルを使い、それと同時に瞑想効果も得ていく。

 

 

以上、これらを守りながらピラティスを是非生活に取り入れて見てください。

自分の身体を知っていく楽しさ、良くしていく楽しさ、変わっていく楽しさを味わいながらあなたの理想の身体を手に入れましょう♪